My MODX Site

研究ログ

ようこそ、冨田崇弘のホームページへ

経歴

冨田崇弘(学位:Ph.D 2006年 米Washington Univ. in St. Loiusにて取得)

研究者ID: ORCID:0000-0002-3706-0184

Google Scholoar: ページ

研究コンセプト

強相関電子系における超伝導ならびにトポロジーが実現する異常な相の研究を行っています。

専門:極限環境物性 

研究分野:超伝導、強相関電子系、トポロジカル金属

研究対象:強相関電子系における超伝導ならびにトポロジーが実現する異常な量子相の研究

 

2019年のイベント

◼️[2019.3.4] 冨田崇弘が 東京大学物性研究所にて第16回所長賞を授与しました。

◼️[2019.2.18-21] 冨田崇弘TPFC2019にて招待講演発表「Topological Nature and Anomalous Nernst Effect in Magnetic Weyl fermions」を行いました。(東京大学フューチャーセンター・千葉・日本)

◼️[2019.3.4] 固体物理2月号にて冨田崇弘 「反強磁性体において実現した室温での巨大異常ネルンスト効果―磁気ファイルフェルミオンが織りなすトポロジカル現象」が出版されました。

 

2018年のイベント

◼️[2018.9.25-28] 冨田崇弘が 2nd PKU-TMS-KYOTO Jointed Workshop on "quantum materials and topological materials”にて招待講演発表「Magnetic Weyl fermions in topological Magnet Mn3Sn」を行いました。(北京大学・北京・中国)

◼️[2018.7.23-27] 冨田崇弘が Fotok18(Workshop on "Frustration, Orbital Fluctuations, and Topology in Kondo Lattices and their Relatives”)にて招待講演発表「Magnetic Weyl fermions in topological Metal Mn3Sn」を行いました。(マックスプランク研究所・ドレスデン・ドイツ)

◼️[2018.4.9-10] 冨田崇弘が 物性研ワークショップ(Novel Phenomena in Quantum Materials driven by Multipoles and Topology)にてポスター発表を行いました。(東京大学物性研究所・千葉)

◼️[2018.3.22-25] 冨田崇弘が 第73回物理学会年次大会にて一般口頭発表を行いました。(東京理科大学・千葉)

◼️[2018.3.22-25] 冨田崇弘が 第73回物理学会年次大会にて「ワイル磁性体のおける巨大な異常ネルンスト効果」と題して[領域3]・[領域4][領域8]の合同招待講演者として発表を行いました。(東京理科大学・千葉)

◼️[2018.3.16] 冨田崇弘が 第217回日本磁気学会 「シン・熱電変換材料」にて「ワイル磁性体Mn3Snにおける巨大な異常ネルンスト効果」と題して招待講演を行いました。(中央大学駿河台記念館・東京)

◼️[2018.3.15-17]  冨田崇弘が平成29年度J-Physics領域全体会議にて ポスター発表を行いました。

◼️[2018.2.24]  Science Advance「価数の揺らぎが引き起こす電子の「量子」超臨界状態の発見」のプレスリリースを共同で発表しました。

◼️[2018.2.24]  Science Advance(2018) K. Kuga+, Y. Matsumoto+, M. Okawa, S. Suzuki, T. Tomita et al, 「Quantum Valence Criticality in a Correlated Metal」が出版されました。

2017年のイベント

◼️[2017.11.17-18]  第11回物性科学領域研究会(領域合同研究会)にてポスター発表を行いました。

◼️[2017.10.18]  K. Kuroda, T. Tomita et alの Evidence for Magnetic Weyl Fermions in a Correlated Metal」をArXiv:http://arxiv.org/abs/1710.06167に投稿しました。

◼️[2017.10.02]  M. Ikhlas, T. Tomita et alの「Large anomalous Nernst effect at room temperature in a chiral antiferromagnet」をArXiv:http://arxiv.org/abs/1710.00062に投稿しました

◼️[2017.9.26]  科学技術振興機構にて黒田、冨田「ワイル磁性体」を世界で初めて発見のプレスリリース記事を掲載しました。

◼️[2017.9.25]  Nature Materials (2017): doi:10.1038/nmat4987にK. Kuroda+, T. Tomita+ (both authors contributed equally) et al,の「Evidence for magnetic Weyl fermions in a correlated metal」が出版されました。

◼️[2017.9.24-9.28]  J-Physics 2017の国際会議 International Workshop on Multipole Physics and Related Phenmenaにてinvited speakerとして冨田が発表を行いました。

◼️[2017.9.21-9.24] 物理学会にて口頭発表を行いました

◼️[2017.6.27-8.30] 韓国のソウル大学校にて開催されたAPWQM(Asia Pacific Workshop on Quantum Magnetism) 2017にてinvited speakerとして冨田が発表。

◼️[2017.6.26-8.26] UTSIPプログラムBの学生(KAOさん@香港科学技術大学)の受け入れと指導。新しい熱電測定技術の開発を行いました。

◼️[2017.8.3] Philosophical MagazineにてS. Nakatsuji, T. Higo, M. Ikhlas, T. Tomita &z. TianのLarge spontaneous Hall effects in chiral topological magnets」が出版されました。

◼️[2017.7.24] 科学技術振興機構にて磁性体を用いて熱から発電を可能にする新技術 ~反強磁性体での巨大な異常ネルンスト効果の発見~のプレスリリース記事を掲載しました。

◼️[2017.7.24] Nature-PhysicsにH. Ikhlas and T.Tomita (both authors contributed equally)の「Large anomalous Nernst effect at room temperature in a chiral antiferromagnet」掲載しました。

◼️[2017.6.18-24] Topological & Correlated Matter Gordon Research ConferenceにてT.Tomita が「Large anomalous Nernst effect at room temperature in the non-colliniear antiferromagnet Mn3Sn」のポスター発表を行いました。

◼️[2017.4.17-18] 物性研にてトピカルミーテイング「局在多極子と伝導電子の相関による新現象」にて「重い電子系超伝導体YbAlB4の異常金属相と30Kを超える圧力誘起反強磁性相 」の発表を行いました。

◼️[2017.4.13] Yosuke Matsumoto, K. Kuga, T. Tomita, R. Ku ̈chlerand S. Nakatsuji の「Anisotropic Thermal Expansion of α-YbAlB4」がIOP Conf. Series: Journal of Physics: Conf. Series 807 (2017) 022005 に掲載されました。

◼️[2017.2.20-22] Topological Phases and Functionality of Correlated Electron Systems 2017Kashiwanoha Campus Station Satelliteにてポスター講演を行いました。

◼️[2017.1.18-20] 本郷のCEMS-QPEC Symposium on “Emergent Quantum Materials” に出席してきました。

 

2016年のイベント

◼️[2016.12.21] T. Tomita et al.の「Pressure-induced magnetic transition exceeding 30 K in the Yb-based heavy fermion superconductor beta-YbAlB4」がPhys. Rev. Bに掲載されました。

◼️[2016.12.9-10] 第10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)にてポスター講演を行いました。

◼️[2016.12.06] arXiv:1612.01800にT. TomitaPressure-induced magnetic transition exceeding 30 K in the Yb-based heavy fermion superconductor beta-YbAlB4を掲載しました。

◼️[2016.10.01] 物性研だより56巻2号にて冨田崇弘「超伝導に隠された異常金属相の発見」ー量子臨界「点」でなく「相」として振る舞う不思議な金属相ーが掲載されました。

◼️[2016.10.01] 第23回みちのく磁性談話会(宮城・蔵王、さんさ亭)で講演を行いました。

◼️[2016.09.16] 日本物理学会2016年秋季大会(金沢大学角間キャンパス)にて講演を行いました。

◼️[2016.07.01] T. Tomita のScience記事が物性研のActivity Reportに掲載されました。

◼️[2016.07.15] M. Nakayama, Takeshi Kondo, Z. Tian, J. J. Ishikawa, M. Halim, C. Bareille, W. Malaeb, K. Kuroda, T. Tomita et al.,の「Slater to Mott crossover in the metal to insulator transition of Nd2Ir2O7」がPhysical Rebiew Letterにアクセプトされました。 

◼️[2016.06.29] 小濱芳允・Zhaoming Tian・冨田崇弘の「パイロクロア型イリジウム酸化物Nd2Ir2O7における磁場印加方向に敏感な金属-絶縁体転移」が2016年固体物理6月号に掲載されました。

◼️[2016.06.19] N. Kiyohara, T. Tomita et al.の「Giant Anomalous Hall Effect in the Chiral Antiferromagnet Mn3Ge」がPhysical Rebiew Appliedに掲載されました。 

◼️[2016.04.18] JPSJにて2015年に参照されたトップ10に T. Tomita et al. の「Pressure-Induced Enhancement of Superconductivity and Structural Transition in BiS2-Layered LaO1− xFxBiS2」 が選ばれました。2017年まで無料掲載予定。

◼️[2016.04.24] JT Higo, N Kiyohara, K Iritani, A A Nugroho, T. Tomita et al.の「Magnetic and Transport Properties of Frustrated γ-MnPd alloys 」が掲載されました。

◼️[2016.04.24] Journal of Physics: Conference Series にT. Tomita et al.の「Quantum Criticality Beneath the Superconducting Dome in β-YbAlB4」が掲載されました。

◼️[2016.04.24] Journal of Physics: Conference Series にS Suzuki, T Tomita et al.の「High Magnetic Transition Temperature and Semiconductor like Transport Properties of Mn-doped α-YbAlB4」が掲載されました。

◼️[2016.04.24] Journal of Physics: Conference Series にYosuke Matsumoto, Masaki Tsujimoto, Takahiro Tomita et al.の「Heavy Fermion Superconductivity in Non-magnetic Cage Compound PrV2Al20」が掲載されました。

◼️[2016.04.24] Journal of Physics: Conference Series にS Kawamoto, Z M Tian, Y Kohama, T Tomita et al.の「Frustrated magnetism in a Mott insulator based on a transition metal chalcogenide」が掲載されました。

◼️[2016.04.24] Journal of Physics: Conference Series にZ M TianY KohamaT Tomita et al.の「Experimental exploration of novel semimetal state in strong anisotropic Pyrochlore iridate Nd2lr2O7 under high magnetic field」が掲載されました。

◼️[2016.02.01] 2016年号「2015年サイエンス誌に載った日本人研究者」に T. Tomita et al.の「Strange metal without magnetic criticality」の記事が紹介されました。

◼️[2016.01.25]Unconventional quantum criticality in -YbAlB4 from its magnetically ordered phase」がPhysics Procediaに掲載されました。

◼️[2016.01.15] T. Tomita et al.の「Quantum Criticality Beneath the Superconducting Dome in -YbAlB4」がJournal of Physics: Conference Series (JPCS)に掲載されました。

過去のイベント (2014-2015)

◼️[2015.11.30] Nature Physics誌に  Z. Tian, Y. Kohama, T. Tomita et al.の「Field-induced quantum metal–insulator transition in the pyrochlore iridate Nd2Ir2O7」を掲載されました。

◼️[2015.07.31] Science誌に T. Tomita et al.の「Strange metal without magnetic criticality」を掲載されました。

◼️[2015.03.23] Journal of Physics: Conference Seriesに T. Tomita et al.の「High Pressure Measurements of the Resistivity of β-YbAlB4」を掲載されました。

◼️[2015.01.15] JPSJに T. Tomita et al.の「Correlation between Tc and Crystal Structure in S-Doped FeSe Superconductors under Pressure: Studied by X-ray Diffraction of FeSe0.8S0.2 at Low Temperatures」を掲載されました。

◼️[2014.12.23] Physial Review Letter 紙に Masaki Tsujimoto, Yosuke Matsumoto, Takahiro Tomita et al.の 「Heavy-fermion superconductivity in the quadrupole ordered state of PrV2Al20」が掲載されました。

◼️[2014.12.15] Physial Review B Rapid 紙に Susumu Katano, Hideya Nakagawa, Kazuyuki Matsubayashi, Yoshiya Uwatoko, Hideto Soeda, Takahiro Tomita et al.の 「Anomalous pressure dependence of the superconductivity in noncentrosymmetric LaNiC2: Evidence of strong electronic correlations」が掲載されました。 

◼️[2014.05.22] JPSJにて、T. Tomita et al.,「Pressure-Induced Enhancement of Superconductivity and Structural Transition in BiS2-Layered LaO1-xFxBiS2」が掲載されました。